本文へスキップ

幻の銘魚、大阪らんちゅうの復元と普及に取り組む 

大阪らんちゅう愛好会の紹介ABOUT US

大阪らんちゅう愛好会とは

 2006年、現会長の池山五郎を中心に発足した大阪らんちゅう愛好会は、一度はほぼ絶滅した品種である大阪らんちゅうの飼育や研究、完全復元への取り組みを通して、会員間の親睦・協力をはかることを目的としています。
 2015年3月現在、会員は東海地方を中心に関西、関東などに14名。幅広い年齢層で、小規模ながら充実した活動を行っています。


 活動の拠点は愛知県豊川市の向坂養魚場に置き、毎年5月には黒子頒布会、7月には研究会、11月に品評大会を開催しています。

 入会希望の方は、当会の行事の際に向坂養魚場で受付しておりますので、年会費5,000円を添えてお申し込みください(将来的には当HPからも申し込みできるようにする予定です)。
 行事日程はこちら


会長挨拶 (準備中)


大阪らんちゅう愛好会 会則(抜粋)

第一章 総則

第1条  
 本会は本会は大阪らんちゅう愛好会と称する。

第二章 目的及び事業

第3条  
 本会は大阪らんちゅうを愛好する者をもって組織し、大阪らんちゅうの復元・保存をすすめ、その普及に努める。あわせて飼育法や鑑賞の楽しみかたを研究し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第4条  
 本会はその目的のために次の事業を行う
1.会員に対する大阪らんちゅうの資料や行事情報の提供
2.総会等の開催
3.黒子頒布会、研究会、品評大会の開催
4.大阪らんちゅうの啓発活動と復元改良のための研究
5.会誌の発行
6.その他本会の目的を達成するために必要と認める事業

第三章 会員

第5条
 大阪らんちゅうに関心を持ち、本会の目的に賛同する者は会員となることができる。

第6条
 会員は総会や研究会、品評大会などの行事に参加し、会誌を受け取り、投稿することができる。

第7条
 本会に入会を希望する者は、年会費を添えて事務局に申し込むものとする。

第五章 年度および会計

第17条
 年会費は5,000円とする。会費の納入は原則として前年度までに支払う前納制とする。



shop info.店舗情報

大阪らんちゅう愛好会

〒441-1205
愛知県豊川市大木町鑓水37-90
向坂養魚場内 (事務局)
TEL.- 0533-93-2572
FAX.- 0533-93-3399